FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
建築学会PDはガラスファサードのシーリング
20gkkai PD

8月24日から26日まで、福岡市の福岡大学で開催される2016年度日本建築学会大会(九州)において、材料施工部門PDでは、「環境負荷低減に対応した建築外皮における防水技術の将来像」として、「ガラスファサードのシーリング防水技術現状と進化」が議論される。

建築外皮に対する要求は高度化かつ多様化している。 中でも省エネルギーに寄与する熱負荷低減要求が強く、ガラスファサード構法に寄せる期待は大きい。
PDではガラスファサードの潮流を概観し、環境負荷低減に対応したガラスファサードを支えるガラス材料、ガラスファサードの設計、シーリングの設計・施工技術などについて意見交換を行い、ガラスファサードにおける防水性能の現状と進化の方向性を議論する。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会