FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
平成28年度タイルフィックス工業会第7回総会

記念公演は輿石直幸早稲田大学教授の「環境時代の防水技術とアジアの連携」
総会後は来賓と和やかに懇談

タイルフィックス工業会P2200037
懇親会での記念撮影

「輿石教授講演P2190906
早稲田大学輿石直幸教授が「環境時代の防水技術とアジアの連携」のテーマで講演した。

鶴田JR内藤tachuuJR P2190968
内藤多仲Jr.と鶴田明J.r。
右・内藤多四郎氏の父は東京タワ―を設計し「耐震構造の父」と称された 内藤多仲、左・鶴田裕氏の父は多仲の愛弟子で溶接の権威。鶴田明 氏は1987年 金属系構造物の発展に対する多年の貢献 で、日本建築学会賞を受賞している。
*内藤多仲と鶴田明両氏の浅からぬ因縁は、改めて鶴田裕さんに語っていただく予定。

㈱東邦建材(野口貴由社長)が製造する外壁タイル剥落防止システム「タイルフィックス工法」の施工団体であるタイルフィックス工業会(中坂勇二会長)は6月10日、東京・九段下のホテルグランドパレスで平成28年度総会を開催、①施工技術講習会の開催及び技術指導、②新技術・施工技術に関する研究開発、などからなる、事業計画を決定した。

講演後の懇親会では中坂会長挨拶に続いて、難波研究室難波蓮太郎代表、日本建築積算協会内藤多四郎顧問が祝辞を述べた。建築研究振興協会上村克郎顧問の発声で乾杯、会員・来賓が和やかに歓談した。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会