FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
カプセル保存のカギを握る防水
日本建築学会防水アーカイブWGがカプセルタワーを見学

中銀カプセルタワー
中銀カプセルマンションこと「中銀カプセルタワービル」。昭和47年(1972年)竣工。黒川紀章の初期の代表作で、当時世界的に話題になった「メタボリズム建築運動」の世界初の実用建築。    
規模・構造:SRC造、一部S造、地上11階~13階地下1階   建築面積:429.51㎡   延床面積:3091.23㎡ 竣工:1972年(昭和47年)

カプセル見学外観P2190360
4月21日、日本建築学会の防水アーカイブ検討WG(主査・田中享二東京工業大学名誉教授)が、メタボリズム建築の代表作の一つとされる中銀カプセルタワーの劣化状況を見学した。

P4210143.jpg
カプセルの屋根は、漏水補修のデパート。ゴムシート、塩ビ、ウレタン防水らしきもの、防水塗料などが思い思いに施工され、ひび割れや貫通部には、各種シーリングやテープが張られている。


ブリッジより カプセル裏
案内役はカプセルタワー保存プロジェクト代表の前田達之さん(写真右端)。WG一行は説明を聞きながらA,B棟をつなぐブリッジの上から、各カプセルの劣化状況を目視視。13戸を所有するオーナーでもある前田さんに質問を投げかけた。

窓 P2190343
10㎡のカプセル住戸には1か所の丸窓があり、グレードにより2重窓になっている。クロロプレンらしきガスケットは健全で、この部分からの漏水は無いようだ。

(続く)

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会