FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2015年度 早稲田大学 輿石直幸研究室の活動
輿石研1年間の活動と修士4論文の発表
助手の山田美土里さんが4.1より近畿大学助教に。


R0000499.jpg
早稲田大学理工学術院創造理工学部建築学科の輿石直幸教授が2012年から定期的に実施している学生とOBによる勉強会「建築材料及び施工研究会」が3月11日、早稲田大学理工学部55号S館会議室で開催された。
448プログラム R0000486

R0000476 (2)

以下輿石教授による、2015年度研究室活動報告の概要。
2015年度は、専任助手1名、博士課程3名、修士2年4名、修士1年4名、学部卒論生⒒名 の体制で研究を行い、修士論文4編と卒業論文7編が纏まった。
2年連続でAIJ大会「若手優秀発表」を受賞した山田美土里助手が、伝統木舞土壁研究の成果を国際会議・EARTH USA で発表し、民家フォーラムの座談会に登壇した。
土蔵研究では、長野県小谷村の被災建物調査や宮城県石巻市の修復工事調査に赴き、データ収集を行った。
全体イベントとして、本庄市にある、本格的なレンガ造建築として日本初期のものの保存・再生のために内壁漆喰仕上げの劣化調査を総出で行った。
早稲田大学理工学術院主催の小中学生向け実験教室で、伝統土壁塗りの準備・運営のすべてを担当した。

448報告会 奥の列右端が山田さん0000493
奥右端が山田さん。4月1日より近畿大学に助教として着任する。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会