FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
花と屋根160117 紫木蓮
長崎グラーバー園の木造洋風建築群

緋モクレンと屋根P3160516 - コピー

グラバー園は長崎を代表する観光地の一つで、 昭和49年(1974)年に開園。居留地の暮らしと明治期における日本への近代建築の技術伝播を知る上で重要な木造建築が見られる。元の位置に建つ旧グラバー住宅、旧リンガー住宅および旧オルト住宅は、国指定の重要文化財。他の場所からグラバー園に移築された建造物や工芸品も見られる。

花桃 グラバー園P3160513

多くの建物の屋根は瓦葺きだが、一部に銅板による納まり、雨樋の取り回しや意匠上の工夫がみられる。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会