FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*厳美渓 東屋の屋根下ルーフィング
天然記念物の厳美渓の東屋の屋根下のルーフィング

gennbikei.jpg

一関市 厳美渓(げんびけい)。昭和2年9月5日、国指定 名勝天然記念物。

no.jpg
茅葺き・杮葺き、檜皮葺き、時に銅板葺きなど周囲に溶け込んだ東屋は、庭園や遊歩道視覚的にも実用的にも好ましいものです。

東屋の屋根下ルーフィング
その屋根を雨漏りからしっかり守っているのが屋根下ルーイングです。施工途中の珍しい写真が取れました。

上はいかようにも
厳美渓
石英安山岩質の岩石が、滝や川の流れに浸食されて後退し、数多くの甌穴(おうけつ)と峡谷との生成関係を示している。
岩石:今から900万年前の火山活動による凝灰岩が、堆積当時の高温と自重による圧力のために、二次的に変質して生じた石英安山岩質凝灰岩で、方状節理(箱形のひび割れ)が発達している。
甌穴(おうけつ):ポットホール(甕穴)ともいう。河床の岩盤に生じたへこみに入り込んだ石が、水流とともに回転しながら周りを削ってできた丸いくぼみをいう。(文化庁一関市教育委員会の現地解説より)



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会