FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2015年 第2四半期のシーリング材生産動向
4~6 月は 21,618 kl (前年同期比 99.9 % )
前年並みに持ち直し 回復の兆し


日本シーリング材工業会が、2015年 第2四半期のシーリング材生産量を発表した。これによると2015年4~6月の生産量は 21,618 kl (前年同期比 99.9 % )。4期連続の減少に歯止めがかかり、前年並みに持ち直し、回復の兆しがみられる、としている。
また、生産量全体の4分の一を占める戸建向けは93.0%にとどまり、消費増税の影響から抜け出せないでいる。

シーリング材EPSON004
建築用シーリング材生産量 (単位:キロリットル)

その他、材種別の動向は、次のように分析している。
シリコーン系2成分形が前年同期比140% と突出。第1四半期を超える高伸び率で、同材種が四半期ベースで生産量を10,86kl と4ケタ台に乗せたのは、統計開始以来初めて。元々、輸出のシェアが高く生産量にバラつきがみられる材種だが、今後に注目したい。
シリコーン系を除く1成分形各種材は、戸建の伸び悩みに引きずられて減少した。
変成シリコーン系、ポリサルファイド系、ポリウレタン系の各1成分形では、生産量の3分の2が戸建用途であるため、、建築着工における戸建住宅の需要回復に期待する。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会