FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*全アロン防水組合34期通常総会
販売実績は前年比109%増


東亜合成㈱の製造するアクリルゴム系塗膜防水材、「アロンコート・アロンウオール」の責任施国団体である全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協同組合は、平成27年9月9日、富山県高岡市のホテルニューオータニ高岡で、第34期通常総会を開催、○「調査・診断防水管理士会」の充実、○「アロンコートSQ防水技能工」検定試験の新設などの事業計画を決定した。

東亜合成 中川和明社長 P9090493
挨拶する東亜合成 中川和明社長。
「6月22日をもって建材の販売業務をアロン化成に移管、建材の営業スタイルがアロン化成の管材の事業に近いため、これによって、建材事業の一層の拡大を狙ったものである。販売以外の研究、製造は従来通り、東亜合成が担ってゆく。」


アロン化成 杉浦伸一社長P9090524
2016年1月より販売部門となるアロン化成㈱ 杉浦伸一社長:「当社は東亜合成の100%子会社で、塩ビパイプ、継手・升など上下水道、排水関係の管工事機材、介護福祉用具の製造販売をおもな事業としている。現在の東亜合成の建材事業スタッフはアロン化成に異動する。アロン化成としても、さらにこの事業にはアロン化成の営業マンも投入して、建材事業の発展・拡大に貢献してゆく。」


休憩時間に来賓らと歓談する小川理事長
休憩時間に来賓らと談笑する小川理事長。
総会での挨拶:「近年1500トン続いていたが昨年、前年比109%の1700トンを達成した。販売量5トン未満の会員が減り、上位表彰者の顔ぶれも若返っている。アロンは40年の歴史を持ち、一時は年間4000トン売れた商品だが、時代は変わっている。だが売り方次第で、売上を伸ばせる可能性が明らかになった。しっかりとした目標を共有したチームとして、市場に臨めば2000トンも夢ではない。」

総会終了後は、各支部代表によるパネルディスカッションが行われ、どのような営業活動が、製品の設計折込につながったか、という成功パターンをあげての積極的な議論を行った。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会