FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*塩ビシート防水の歴史とマーケット
塩ビ工業会がメルマガで連載

バスツアー3 P2160790
東京バス観光。(写真は記事とは関係がありません)。  都内各コースをめぐる乗り降り自由バス観光が、日本人にも人気。普通のバスより少し高い視点での屋根の見え方が新鮮だ。



塩ビ工業会がメールマガジン
http://www.vec.gr.jp/mailmag.html

で、今年5月14日号から 「塩ビ樹脂系シート防水について」連載している。これまでの3回の内容は

No.515 08/2
塩ビ樹脂系シート防水について(第三回)-塩ビ樹脂系シート防水のマーケット-
No.510 06/25
塩ビ樹脂系シート防水について(第二回)-塩ビ樹脂系シート防水の製法と工法-
No.504 05/14
塩ビ樹脂系シート防水について(第一回)-塩ビ樹脂系シート防水の歴史-

最終回第4回は環境、省エネルギー、新技術への対応など今後の方向性)の予定。
アーキヤマデ株式会社 大西 裕之氏が執筆している。

例えば海外のマーケットについては以下の通り。
===================================
世界の屋根市場は約103億㎡で、アジア(約42億㎡)がもっとも多く、次いで北アメリカ(約31億㎡)、西ヨーロッパ(約11億㎡)。アジアの中でも中国だけで約27億㎡と言われており、突出したマーケットとなっています。世界中で多く使われている防水材は、アスファルト防水、次いで熱可塑性オレフィン系シート防水(TPO)、塩ビ樹脂系シート防水(PVC)のようです。また国によって使われる防水材は異なり、西ヨーロッパでもアスファルトが多い地域もあれば、TPOが多い国、PVCが多い国など様々です。国土面積、人口、GDPが日本と近いドイツは屋根市場全体が約1億2500万㎡。屋上防水は約7500万㎡でアスファルト防水が多いようですが、塩ビ樹脂系シート防水が増えつつあり、今後最も期待する防水材の一つとのことでした。
===================

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会