FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
平成27年「近江神宮燃水祭」斉行   速報
石油と防水の祖神に感謝し
小堀鞆音「燃土燃水献上図」(レプリカ)を奉納

P7070086.jpg
新潟県胎内市黒川支所坂上敏衛参事による燃水奉献。

7月7日、天智天皇を祀る滋賀県大津市の近江神宮で、「燃える土=アスファルトと燃える水=石油を天智天皇に献上した」、という日本書紀の記述を再現する「燃水祭」が斉行された。
 
日本最初の石油の記録は、1347年前に遡る。668年(天智天皇7年)の7月、「越の国 燃ゆる土 燃ゆる水をたてまつる」、日本書紀にはこう書かれている。燃ゆる土『燃土』とは天然アスファルトであり、燃ゆる水『燃水』とは石油のことで、『越の国』は、現在の新潟県。なかでも現在の胎内市(旧黒川村)であったといわれている。黒川村は、昔、川の流れが黒くなるほど燃水が湧き出したことから、「黒川」の地名がついたと伝えられている。

今年は7月1日、新潟県胎内市黒川において燃水祭が行われ、その折採油された原油が、7月7日、近江大津宮旧跡に再建された近江神宮燃水祭において、黒川からの使者により燃水献上の儀が、往時のままに執り行われた。まさに日本書紀の記述の再現である。

448tenntouIMG_4118.jpg
燃水祭は世話人による点灯で始まる。燃える水側世話人は芝野桂太郎・西尾恒太の両氏。 燃える土側は猪野瀬正明(写真左)・杉本憲央(右)の両世話人が点灯した。

奉納 IMG_4197
「燃土燃水献上図」原寸複写額装1面奉納。


越の国(新潟県)と近江(滋賀県)を結ぶ燃水祭の現在の式典構成の基となっているのが、歴史画の父・小堀鞆音が大正3年に画いた「燃土燃水献上図」である。JX日鉱日石エネルギー(旧日本石油)が所蔵する、この絵は長年行方不明であったが、2011年に発見され、小堀鞆音の生地である佐野市の佐野市立吉澤記念美術館で、本邦初の一般公開が実現した。

そしてこれを機に、石油(燃える水)関係者だけで長年行われてきた燃水祭に、防水(燃える土)関係者が参列するようになった。
同時に、この画を精密に原寸複写し、原図と同様の額装を施して奉納しようという提案が燃える土側の世話人である・日本防水の歴史研究会から、燃水祭代表世話人の芝野氏に出されていた。今回これが実現し、燃水祭において参列者の玉串拝礼の後、奉納された。

燃水祭の世話人を代表する芝野桂太郎氏が「奉納。小堀鞆音・ 燃土燃水献上図原寸精密複写」額装一面。平成27年7月7日。燃水祭世話人・芝野桂太郎。 燃水祭燃土関係世話人・猪野瀬正明、杉本憲央」と目録を読み上げ、猪野瀬氏(アスファルトルーフィング工業会会長)と杉本憲央氏(日本防水の歴史研究会顧問)が神前に奉納した(写真)。

(近江神宮燃水祭の詳細は次号)

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会