FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
雨どい自慢
 日独 美しい雨樋(あまどい)対決  

雨どいアート 08008 (2)
ドイツ・ドレスデンの雨どいアートを紹介する、ビッグイシューの雨水利用特集


ビッグイシューの最新号を買うとき、いつも買い忘れた号を探す。2015年㋄15日号の、大事なものを見逃していた。
「どこでも、誰でも、雨水利用!」という7ページも特集だ。
①建築家・黒岩哲彦さんの「雨デモ風デモハウス」
②20年間雨水タンクを設置してきたNPO「雨水市民の会」
③雨水を資源化する地下貯留システム
そして
④雨水アート
これだけでも1冊350円のもとはとれる。購入は路上の販売者からどうぞ・

19ページでドイツドレスデン市、ノイシュタット地区にあるアート建築が集中するエリア。中でも人気なのが雨どいアートの家。
うならされますね。でも日本でも負けていません。例えば
20130730-8[1]
これはビザンチン風ですが、

20131202-11[1]

20131202-12[1]

20131202-9[1]
などはいかが、まさに「楷書の樋」です。


ビッグイシューは1冊350円。価格の半分はホームレス販売員の取り分。彼らは売上で次号を半額で仕入れる。

 

 ↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会