FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
一社全国防水工事業協会 第3回通常総会
防水施工管理技術者は806名、 基幹技能者は1058名

takayama 会長
総会で挨拶する髙山宏会長。


 一社全国防水工事業協会 は6月1日、東京・九段下のホテルグランドパレスで第3回通常総会を開催、平成27年度事業計画として、防水工事業の健全な発展を図るための経営の近代化、防水工事に携わる人材の確保並びに育成などを決定した。
 同協会の26年度期末での会員数は、正会員が640社(10社増)、特別会員が54社(3社増)、賛助会員が42社(2社減)。
 
会長挨拶要旨:
国は昨年6月、品確法関連3法の改正を行い、発注者の責務の明確化や、社会保険未加入企業の排除等、適正な競争環境の醸成、若手入職者の確保や技術教育にも力を入れ始めてきた。また外国人労働者受け入れ緩和も実施している。
 しかし28年度予算においては担い手不足を考慮し、公共事業費の据え置きがささやかれている。担い手に関しては、当協会としての人材育成事業として、「防水施工管理技術者」の認定試験を行っており、平成15年度の制度創設以降の認定者数は806人、また建設業法に基づく「登録防水基幹技能者」の26年度末までの合格者数は1058名。われわれに求められる安全・安心な住環境の整備に、的確に応えられるための技術力の向上に努力する。



全防協関東甲信支部
全国総会に先立って開催された関東・甲信支部総会で挨拶する坂田守夫支部長。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会