FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
小学校のイジメをなくすには、担任がガキ大将になること。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 小学校でのイジメを無くすのに、いくらカウンセリングしてもだめですよ。 担任の先生がガキ大将になれば良いんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

締め切りが迫っている、「第3回こどもしぜん科学大賞」にむけて、主催者である、「子供達と夢を創る会」の委員会が10月28日、東京都江東区の毛利小学校で行われました。
11月23日、夢の島熱帯植物館で表彰式が行わます。新たに会長に就任した元教育センター副所長小林重昭さんが、打ち合わせの後の雑談の中で語った言葉です。


子ども環境学会で研究発表する1等賞の子供たち
休み時間に子どもと遊ぶ担任は、ほとんどいません。
ある校長が、一緒に遊ぶよう、言ったら、横に立って見ているだけだったそうだ。
ウイークエンドスクールで、水性動物の生態をテーマで実習しようとした講師が、担任に「網と履き物を用意しておいて下さいと」たのんだら、捕虫網(蝶やトンボ用)と運動靴を準備していたそうだ。

彼ら自身がそんな経験がないわけだ。ならば地域でそれを補おう。親や近所のおじさん・おばさんが一肌脱ごう、ついでに一緒に遊ぼう、というのが、「子供達と夢を創る会」の趣旨です。


前回の「こどもしぜん科学大賞の報告書(A4,104ページ)です。都内の小中学校に配りました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック