FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
屋根用スレートの出荷量は20年間で20億平方メートル
スレート屋根の改修方法を金属屋根協会が提案
20億平米の屋根をどう改修する

sure-to kaishuu tokushuu

スレート屋根には波型スレート(工場や倉庫の屋根に多い)と化粧スレート(住宅屋根に多用)があり、長年にわたり広く使用されてきた。日本石綿協会の調べによると、波型スレートは1971年から2001年の30年間に12億5,368万㎡、化粧スレートは7億6,000万㎡出荷されている。


これらのスレート屋根の多くは現在でも使用されているが、屋根材としての耐力の低下、漏水の発生などの問題が生じている。

日本金属屋根協会はこのほどスレート屋根の改修に関する専門ページを開設した。
http://www.kinzoku-yane.or.jp/roof_repair
1.老朽化したスレート屋根の問題点
2.スレート屋根の改修事例
3.スレート屋根の改修方法
4.カバー工法のメリット
5.屋内の作業環境の改善
6.トップライトによる省エネ など。