FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RN 2015 新春翁めぐり -5-
金剛流 謡初式 平成27年1月3日 正午
金剛能楽堂 

面を付け神になるP1030085
="面を付け神になる。 八坂神社能舞台で翁を奉納する金剛永謹。(2015年1月3日午前9時撮影:佐藤孝一)

恒例金剛家の謡初式。毎年、1月3日の朝、祇園八坂神社能楽堂での奉納を終えた後、烏丸今出川の金剛能楽堂で謡初め。最初の曲は翁の謡いである神歌。

konngou
金剛能舞台。シンプルな鬼に鳥衾(とりぶすま)。

従来非公開で行っていた「謡初式(うたいぞめしき)」が、平成16年度より無料での一般公開となった。
平成27年は1月3日(土)正午より、宗家・若宗家始め流儀一同による「神歌」、仕舞十番、舞囃子など約1時間。


毎年1月3日、八坂神社で翁の奉納を終えた後、宗家は本拠地の舞台に取って返し、一門とともに神歌(翁の謡)で新年の舞台を開く。気迫に満ちた格調高い謡と舞を堪能した後、お神酒の接待まである。
8月16日の大文字の日に行なわれる「蝋燭(ろうそく)能」とともに京都に欠かせないものの一つだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
金剛流謡初式 2015.1.3 12:00 

神歌 金剛永謹  金剛龍謹
地謡/今井清隆、今井克紀、山田安造、掛川昭二、都丸 勇、植田恭三、嶋﨑暢久、吉村輝一坂本立津朗、山田純夫、山口尚志、工藤 寛、小野芳朗、田村 修、和田次夫、漆垣謙次

仕舞
難 波 松野恭憲
草紙洗 廣田泰三
雲林院キリ 種田道一
鞍馬天狗 宇高通成
田 村キリ 廣田泰能
雪 クセ 豊嶋三千春
葛 城キリ 今井清隆
小鍛冶キリ 廣田幸稔

舞囃子 淡路 金剛龍謹
笛 /杉 市和
小鼓/曽和尚靖
大鼓/石井保彦
太鼓/前川光範
地謡/宇高竜成、宇高徳成、山田夏樹
     惣明貞助、田端眞人、向井弘記
ーーーーーーーーーーーーーーーーー



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会