FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
八坂神社の屋根工事2月5日から開始
南楼門と舞殿の屋根修理

yasaka yane kaishuu ]P1011061
 
 京都八坂神社は、老朽化の激しい舞殿と南楼門の屋根改修工事を2月5日から実施する。いずれの屋根も銅板の一文字葺き、棟は瓦。工事費は8,500万円で、6月10日竣工の予定。 このうち3,000万円を寄進で賄う計画。

南楼門P1011049
東山通りに面する門ではなく、実はこの南楼門が正面になる。

南楼門:慶応二年(1866)の火災で焼失、氏子の寄進で明治12年(1879)年再建。三間一戸、重層、入母屋造り、屋根は檜皮葺を昭和56年、銅板葺に替えた。八坂神社の正面に相応しい重厚、気品のある建物。瓦の老朽化が進んでいる。(境内解説より)



南南楼門P1011067

舞殿。慶応2年(1866)の火災で類焼、明治7年土間式で再建。同35年現在の床式に改築した。(境内解説より)



舞殿の奉納提灯 さすが八坂 ど真ん中は、祇園の芸能の主 井上八千代だ。P1011013
舞殿の奉納提灯 さすが八坂。 ど真ん中は、祇園の芸能の主 井上八千代だ。

 銅板は2,500枚が必要で、棟瓦は舞殿用に八寸角を40枚、南楼門用に尺版角を45枚限定で受け付ける。それぞれ住所、氏名、祈願を墨書して屋根に葺かれる。 尺版瓦は10万円、八寸」瓦は8万円、銅板は5千円。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会