FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
日本一ののっぽビル「あべのハルカスの水密性
あべのハルカスの水密性


地上300m。ビルとして日本最高の高さを誇る60階建ての超高層複合建築物「あべのハルカス」が、2014年3月大阪市の近鉄阿部野駅に誕生した。床面積30万㎡の中にホテル、デパート、オフィス、大学、医療・託児施設、劇場などなど、多様な用途を集積した立体都市である。その外装を覆うのは9万㎡に達し、ほぼすべてがガラスカーテンウオールだ。
設計・施工を担当した竹中工務店の藤井俊洋さんが、日本シーリング材工業会の機関誌「&SEALANT」の86及び87号に「あべのハルカスの架構と外装のエンジニアリング」を紹介している。

 sealant harukasuPC250077

シーリングに関する部分として、
・ホテルの客室部分は合わせガラスによるダブルスキンで、乾燥剤を封入。湿度の高い浴室周りではインナースキンのシーリング材をポリイソブチレンシーリング材とした。
・台風による大量の雨だけでなく、大きな気圧差による漏水を防ぐために、等圧方式のインターロック式ユニットカーテンウォールを採用。ウインドバリアに一般的なひれゴムではなく、発泡シリコーンゴムを採用して気密性を高めた。
・ウインドバリアへの水はね防止のため、スプラッシュバリアを設け髙い水密性を目指した。
などの記述がある。
&SEALANT Vol.22 No.87 日本シーリング材工業会発行。 http://www.sealant.gr.jp

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会