FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
眼前に広がる10万8千枚の瓦
東本願寺阿弥陀堂修復現場11月28日まで公開

東阿弥陀堂  10万8000枚 PB260522

JR京都駅から徒歩5分、烏丸通りに面する東本願寺の阿弥陀堂修復工事現場を11月28日まで見学することができる。
真宗大谷派東本願寺では11月21日から28日までの宗祖親鸞聖人の祥月命日の法要「報恩講」が行われ、これにあわせて修復現場が公開されており、屋根を間近で見ることができる最後の機会となっている。

東 阿弥陀堂 修復現場 素屋根PB260327
素屋根(すやね)に覆われた阿弥陀堂。

東本願寺では「親鸞聖人750回御遠忌祈念事業」として御影堂の修復に続いて阿弥陀堂・御影堂門の修復を行っている。
阿弥陀堂の工事は2012年2月に着手、2013年7月の瓦葺きあげ始め式を経て、さる2014年9月12日瓦工事葺き納め式をもって、2年半にわたる屋根改修工事を終え、現在内陣の修復を行っている。報恩講の期間中9時から16時まで見学可能。阿弥陀銅屋根などをチェックポイントとした「御修復ウヲークラリー」が開催されている。

東 阿弥陀堂の大棟獅子口(鬼瓦)の重さは2トンPB260343
阿弥陀堂の大棟獅子口(鬼瓦)の重さは2トン

阿弥陀堂大棟 の鬼 2トン」PB260345

PB東「御修復」クイズラリー260342
クイズラリー

らりー記念品P1000547
ラリーの記念品がなかなか魅力的だ。阿弥陀堂の蛙股に施された彫刻のポストカード3枚セット。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会