FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RN220Y 50年前のFRP製初代ユニットバス発見
国産ポリサルシーリング材の本格採用はホテルニューオータニ

8月29日朝日新聞夕刊PA300039

 8月28日付けの朝日新聞夕刊のトップに、「50年前の東京オリンピックに合わせて開発されたFRP製ユニットバスがホテルニューオータニで発見された」という記事が、3段抜きで大きく報じられていました。
 東京都千代田区のホテルニューオータニは、1964年10月のオリンピック開催に合わせて17階建て1058室のホテルを1年5カ月という短期間で建設されました。躯体・外装はもちろんですが、一流ホテルとしての内装は最重要課題。当時は客室の浴槽を1部屋分作るのに1月以上かかっていました。もちろん通常は、厳重な浴室防水が施されます。どう考えても開幕までの設置は不可能です。 
 そこで導入されたのが、ユニットバスでした。新聞は「外国人にも日本人にも使いやすく、デザインと機能の両立にも苦労しました」という当時のTOTO開発担当の話、さらに「防水性と品質、デザインと機能を組み合わせる考え方は今も全く変わらない」という現在の開発部長の声を載せています。



サーツ中身PA260036
 そのバスユニットスラブとの隙間を埋め、防水の為に使用されたのは、恐らく国産化間もないポリサルファイド系シーリング材だと思われます。残念ながら当時の資料がまったく残っておらず、使用材料をたどることが出来ないそうです。しかしこの時、ホテルの外壁には、横浜ゴムが開発したばかりのポリサルファイド系シーリング材が使用されました。これが国産ポリサルファイド系シーリング材の国内での本格使用第1号ではないかという話です。
 この経緯を鶴田裕さん(元大成建設)がNPO建築技術支援協会PSATS(サーツ)の機関誌Vol.062秋号 に執筆しています。今回はそれを紹介します。
サーツ表紙PA260034
tsuruta PDF
*11月7日アップ予定のルーフネット220号に見やすく掲載します。

EPSON008.jpg
まさに「未来の家」

未来の家EPSON008
昭和31年ロスアンジェルスのディズニーランド内に建てられたFRP製の「HOUSE of TOMORROW」

EPSON010.jpg
内部、写真はいずれも鶴田裕氏昭和39(1964)年10.7撮影。
50年前、このFRP製の住宅は、本当に夢のような家に見えたことでしょう。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会