FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNface: 京町屋の妖怪ハウス
入り口側の看板にはこう書かれている

RNface 京都下京の忠太ワールドP3150221

この建物は、明治28年(1895)4月に設立された真宗信徒生命保険株式会社の社屋として、明治45年に東京帝国大学教授伊東忠太の設計、竹中工務店の施工により建築されたものである。当初は「本館」のほか「付属室」、「倉庫」の2棟。「物置、人力車置場、便所」、「屋根付伝ひ廊下」が建っていたが、現在は「本館」のみが残る。
 伊東忠太は明治41年、日本建築もこれからは石材・鉄によらねばならず、しかもその建築様式は欧化でも和洋折衷でもなく、木造の伝統を進化させることにより生み出さなければいけない、という「建築進化論」を提唱し、日本の建築界に大きな影響を与えた。
 建物はこの「建築進化論」の考え方を明確に表現した作品で、外観は古典様式に基づくものの、開口部まわりや軒まわり、塔屋の形態などにサラセン様式、日本の伝統的な様式が用いられており、日本の近代建築の発展を知るうえで貴重なものである。                            昭和63年5月2日指定  京都市




阿形(あぎょう)でも呍形(うんぎょう)でもなく「べ形」の霊獣が入り口を守る。P3150224

べ形都い形の伝道院霊獣P3150225

通常仁王様にしても狛犬でも、阿吽の呼吸の「阿」形(口をあいた・あぎょう)と「吽」(口をぎゅっと結んだ・うんぎょう)が対になるのだが、さすが伊東忠太、ベロを出した「べ形(べぎょう)」とイーっと、歯をむきだした「い形(いぎょう)」になっている。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会