FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
防水アーカイブズ構想とそのフィージビリティースタディ  
田中享二氏が建築学会大会で発表
防水に係わる「文書」「もの」「ひと」をどう記録・保存する

P9130034.jpg
田中享二東京工業大学名誉教授は、9月13日、神戸大学で行われた2014年度日本建築学会大会の材料施工部門の学術講演発表で、「防水アーカイブズ構想とそのフィージビリティースタディ」のテーマで発表した。


田中先生P9130036
「明治38年の我が国初の近代防水施工より約100年。今や防水は雨水の侵入防止、建物保護の観点から、建築に欠くべからざる技術要素となっている。一方で、これに係わる過去の材料・技術・人に関する情報は急速に消滅しつつある。これら蓄積された情報は単なる過去の遺産ではなく、将来の防水に役立つ貴重な資料である。そのためこれらを散逸させず、保存しておくための受け皿としてアーカイブズの仕組みが必要である。」と田中氏は主張する。

今回の発表では、防水アーカイブズの対象、範囲、保存の形態、受け入れ方法、外部への情報公開、防水研究への後方支援などに関して、1年間検討してきた研究を報告した。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会