FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
150年ぶりに復活した大船鉾の屋根
大船鉾神社の屋根?

yoko
今年の京都祇園祭の山鉾(やまほこ)巡行から、、半世紀ぶりに後祭の山鉾巡行が復活した。2014年7月24日の後祭山鉾巡行で、150年ぶりに、巡行に復帰した鉾がある。それが大船鉾(おおふなぼこ)である。


asshuku 大船鉾神社? P9140087
取りあえず巡行に復帰はしたが、鉾としてはまだ未完成だ。写真は船鉾としての船体の上に乗る屋形の部分。屋根は0.3ミリの銅板一文字葺き。20のパーツに分かれた組み立て式の屋根の上に、銅板屋根工事が施工された。

あっしゅく銅板一文字葺きP9140013
鉾の屋根と言っても、作業は社寺の屋根と同様で、ルーフィングの上に銅板を貼りつける。小さな樋もあり、しかも構造は同じだから、作業は容易ではない。銅板屋根施工の様子をお聞きした(次号掲載予定)。


20140915000212b0ds_201409150004006eb.jpg

asshuku 鉾の絵
大船鉾は江戸時代末期まで、後祭の最後尾を巡行していた。その当時の形状への復元を目指しており、今後、装飾や漆塗りの作業が控えている。

京都市無形文化遺産展示室DSC06598
京都駅前ヨドバシビルの一角に「京都市無形文化遺産展示室」が設けられ、屋形や、資料が展示されている。
水曜休館。開館時間:10:00-18:00。無料。 ☎075-708-5001

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会