FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2014年大文字送り火 中央火床 を見守る祠の屋根
 8月16日午後8時、京都五山の送り火の口火を切るのは、東山の如意ヶ岳、、通称「大文字山」だ。
 10分ごとに、次々点火され、文字が読み取れるのは20分ほど。それぞれが、独自の鑑賞ポイントを持っており、高いところから、できるだけたくさん、一度に見ようとするよくばりやら、地元の火をゆっくり眺め、「ああ御祖父ちゃんとおばあちゃんは、あの火に乗ってかえらはったなあ」と思う人、次々と観察地点を移動しながら、たくさん見ようとする、せっかちな人、様々である。
 今年は、前日の土砂降り、昼過ぎは山科でJRが2時間もストップするほどの大雨、記録破りの土砂災害、それでも、関係者は、夜8時になれば、大文字は必ず点く、と信じて疑わないようだ。そして今にも大雨を降らせそうな厚い雲の下で、予定通り、五山の松の薪に火が付いた。
 昔から、送り火の翌朝、未明から山に登り、送り火の消し炭を持ち帰り、1年間の無病息災を願って、玄関に置くという風習がある。京都の人間でも、その話は知っていても実行する人は少ない。、

大文字 交点の部分の火床 DSC_0181
大文字 交点の部分の火床。大きな塊はなく、3センチ程度のものが多い。
明るくなれば、子供や老人も、登ってくる。せっせとビニール袋に詰めてゆく。

旧い消し炭・お札納所DSC_0179
昨年の消し炭やお札を納める場所も設けられている。

祠 この少し山側に落雷 
中央の火床、(大の字の交点の部分の火床) を見守る祠。この屋根は金属屋根だ。毎日掃除のために登っているという男性の話では、送り火の3日前に祠のわずか数メートル山側に落雷し、コンクリート土台の一部や配水用のU字溝が破壊されたそうだ。何とか緊急補修して間に合わせたという。

大文字 右払い DSC_0193
大の字の右払い部分の火床で消し炭拾いをする人

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会