FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*金属外装材「角波」の防水メカニズム
社団法人日本金属屋根協会で得られる情報

RIMG0001.jpg


46k.jpg
 
同協会機関誌「施工と管理No.271 2010年4月号の特集は、同協会技術委員会による「角波の構造計算・層間変異・防耐火構造」。
工場・体育館など非住宅建築物の外装材として広く使われる,角波やスパンドレル。一般に、鋼板を角型や丸型に成型加工したもので、取り付けビスが見えるものを「角波」、ビスの隠れているものを「ボルトレスサイディング」または「スパンドレル」と呼んでいる。

平成19年の改正建築基準法の施行以来、角波についても構造計算書の作成を求められることが増えている。これを受けて、上記特集で防水性能についての考え方を含めて、10ページにわたって解説している。また「今年1年かけて、角波の設計施工基準をつくる」そうだ。

(社)日本金属屋根協会  
東京都中央区日本橋堀留町2-3-8 田源ビル9F
TEL 03(3639)8954
FAX 03(3639)8932
jmra@kinzoku-yane.or.jp

http://www.kinzoku-yane.or.jp/
各種屋根材の出荷動向
http://www.kinzoku-yane.or.jp/statistics/index.html

金属屋根工事、板金工事用語集
http://www.kinzoku-yane.or.jp/glossary/index.html