FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
鶴川絵日記
ノアの方舟キットで思い出した話。 蛇


ちび蛇4 P7260027


PCとカメラとレコーダーと資料。これをかばんに入れると、相当の重さで、夏はまず事務所から、駅まで歩く気にはなれません。そこで、駅まで自転車で通うことになってしまいます。
昨実の夕方、駅から川沿いの道をいつも通り、飛ばしていると、3メートルほど前に蛇発見!。ブレーキで間に合う距離でhあありません。とっさに体重をうしろにかけ、ウィリー!!前輪を持ち上げて、蛇をまたぐのだ!。ところが(当然)それは気持ちだけでの気分。恐らく良くて2~3ミリ 上がったかも、という程度です。
前輪が上がらなかったのは、もちろん前かごに入れた荷物の重さだけではありません。
なんとなく嫌な感触で、通過してしまいました。
振り返ると、1.5mほどの蛇は蛇は、何事もなかったかのように(?)川へ降りてゆきました。ないわけないでしょうね。腰をさするにも手はないし。やはり自転車に乗るなら、この程度の課題はクリアーしたいものです。ノアの方舟キットの記事で、アダムとイブも文字を打っていて思い出した話です。写真はさらにその2日前、早朝散歩の際のちび蛇です。


ちび蛇1 P7260024
靴先でわかるように小さい蛇でした。

ちび蛇② P7260025
初めは、ミミズ化と思いました。踏みつけられ干からびていました。なんとなく
置き去りにできなくて、はがしました。山から田んぼに出rす2mほどの道だったんですが。


ちび蛇5 P7260028
せめて草むらへ。きれいです。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会