FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
緑と屋根:笠間稲荷
笠間稲荷
笠間稲荷本殿P7280087
本殿 。深い緑が銅屋根をすっかり覆っています。


笠間稲荷神社:茨城県笠間市笠間1番地
祭神:宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)。「ウカ」は食物の意で、「稲に宿る神秘的な精霊」を現わす五穀・食物をつかさどる神である。『古事記』によると、宇迦之御魂神は須佐之男命(すさのおのみこと)と神大市比売神(かむおおいちひめのかみ)の間の子。

笠間稲荷の由緒によれば、

この地には胡桃の密林があり、そこに稲荷大神さまがお祀りされていたことから、「胡桃下稲荷」(くるみがしたいなり)とも呼ばれている。また第十三代藩主井上正賢公の一族に門三郎という人がいて、利根川流域を中心に多数の人々に功徳を施し、信仰を広めたことから「お稲荷さんの門三郎」との名声を博し、いつしか門が紋にかわり「紋三郎稲荷」とも呼ばれるようになった。


~とある。
笠間稲荷手水舎
手水舎

本殿は江戸末期安政・万延年間(1854~1860)に再建された、銅瓦葺総欅の権現造。昭和63年国の重要文化財に指定されている。本殿周囲の彫刻は、当時名匠と讃えられた後藤縫之助の作「三頭八方睨みの龍」「牡丹唐獅子」、弥勒寺音八と諸貫万五郎の作「蘭亭曲水の図」等。

P7280189.jpg
楼門


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会