FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
防水アーカイブズワーキングが活動開始
* 日本建築学会防水工事運営委員会防水アーカイブズあり方検討委員会

防ア検P1090736
防水アーカイブズあり方検討委員会のメンバー(一部)。(写真は勉強の一環として関連施設見学をした際のもの)


「防水アーカイブズは世界中のどこにもない。どんなものを作ればよいのか。自分たちで考えてゆかねばならない」(田中享二氏)。そのための場として、2013年4月、日本建築学会防水工事運営委員会内に「防水アーカイブズあり方検討委員会」が設置された。主査は提唱者の田中享二氏(東京工業大学名誉教授)、幹事は松尾隆士氏(清水建設)である。

「なぜ防水アーカイブズが必要なのか?」その問いに田中氏は、日本シーリング材工業会機関誌「&シーラントNO.85号でこう答えている。
「現在のシーリングとメンブレン防水の材料と技術体系はいうまでもなく、過去の膨大な情報の上に成り立っている。幾多の漏水事故を糧として設計、材料、施工は進歩してきたからである。そして将来の防水は現在の情報の上に作られるだろう。過去を学ぶことは将来を考えることである。そのためには防水の過去から現在を繋ぐ装置が必要であり、その一つがアーカイブズである。」
更に同記事の中で、消失しつつある防水遺産の現状を憂い、「現在のものこそ消失しやすい」とも訴えている。
「実は現在のものも危ない。現在のものはまわりにもふんだんにあり、電話でお願いすればすぐに材料も技術資料でも入手できるため、誰も取っておこうとは考えないが、放っておくと(古いものと)同じ運命をたどる」(同)からだ。

JWMA田中 アーカイブ紹介
田中享二名誉教授は先月行われたJWMA日本防水材料研究会の懇親会での挨拶の中でも、防水アーカイブズの必要性、委員会の活動状況、資料収集への協力を訴えた。


「防水アーカイブズ」の対象に関して、田中氏は「まだ決まっていることではなく、これから議論するところである」としながらも、「防水は設計者が構成を示し、それに従って現場に材料を持ち込み、施工者が作り込み、完成させる。そうすると設計図や工事記録、仕様書、マニュアルといった「文書」シーリング材や防水材や施工道具といった「もの」、そして設計者から施工者に至るまでに係わる多くの「人」の情報が基本になるだろう。さらには防水技術の進歩に間接的に関与してきた建築学会の活動、工業会の活動等もある。あらためて考えると実に広範囲にわたる」としている。

ワーキンググループのメンバーは次の各氏。
田中享二(主査)、松尾隆士(幹事)、飯島義仁、上西 明、清水市郎、土田恭義、寺内 伸、中澤裕二、森田喜晴、山崎鯛介、吉田 雅


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会