FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
第1号屋台「躯体保護とコンクリートの話」はこんな店
TEST
田中享二  店長

プロフィール:人物紹介・写真




ここはこんな屋台です:
コンクリートというものは水を通すものです。しかもひび割れのないコンクリートを作る事は現実的にはとても難しい。そのひび割れから水が入ってくると、中の鉄筋に悪さをする。もし水が入らなかったら、鉄筋コンクリートの建物はとても丈夫で、100年以上平気で持ちます。

だから防水の役割は単に雨漏りを防ぐだけでなく、躯体を護り、建物を長く維持してゆくと言う、とても大事な役割を担っているのです。

なぜ水を通すのか、なぜひび割れが入るのか、どの位のひび割れでどれくらい水が入るのか? 防水の役割は何か? コンクリートと鉄筋の性質、を知って、防水工事に何が求められているかを考えます。

日本建築学会の       で、       でもある     
東京工業大学田中享二教授が、優しく、解説します。もちろん最新情報もありますよ。(編集長記)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック