FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
* 76 委員会 が第418回会議で低炭素コンクリートセミナー
日本学術振興協会 建設材料76委員会 第418回会議
「環境配慮としての低炭素型コンクリート技術の最新動向と展望」


76委員会 ウジ委員長 P1090385
宇治公隆76委員会委員長挨拶

2月24日、東京・神保町の学士会館で、日本学術振興協会 建設材料76委員会 第418回会議が開催された。今回のテーマは「環境配慮としての低炭素型コンクリート技術の最新動向と展望」。コンクリートに関する最先端の研究成果が報告された。

大き目プログラム



「76委員会 湯浅常任幹事P1090397
湯浅昇常任幹事による会則一部変更の提案と11月に開催する70周年式典の報告。

セメント業界が産廃の受け入れをやめると、最終処分場の寿命があと13年からあと5年に縮まる

最初の講演者である東京工業大学坂井悦郎教授は冒頭「セメント業界は産廃再利用に大きく貢献している。もっと社会的評価を受けってよい」という日経産業新聞2月7日付けの記事を紹介した。「セメント産業は産廃利用によって産業として成立している」という配慮が不可欠として、「産業廃棄物・副産物のセメントへの有効利用に関する研究の系譜と今後の展望」を報告した。


76i委員会 橘高教授 P1090401
企画委員会 橘高義典主査によるまとめと閉会挨拶。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会