FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*春日大社で檜皮葺き替え見学会
2月15日(土曜)13:30 見学会最終回 
重文 移殿(うつしどの)の葺き替え見学会


春日大社見学会集合
写真は2月8日の見学会の様子。


春日大社(奈良県)は 平成27年から28年の、第六十次式年造替(しきねんぞうたい=20年に一度執り行われる社殿の修築大事業)に向けて各社殿の修理を進めており、世界遺産の社と国宝の社殿もこの対象になっている。
 春日大社は約1300年前、国家安泰を願い、御蓋山のふもとに壮麗な社殿を造営し、四柱の神を祀ったのが始まり。 
今回の造替は平成19年の一ノ鳥居より始まり、平成28年11月 6日 の本殿の正遷宮をもって完了する予定。

重要文化財・移殿(うつしどの)は本殿の造替や修理の間、神様に仮住まいしていただく建物で、2月3日から15日までの13日間、1日2回の見学会が開催されていた。春日大社で修理現場が公開されるのは今回が初めて。

春日大社ポスター

春日 素屋根
見学者は、本殿の前で説明を受けた後、ヘルメットをかぶり、素屋根に覆われた移殿の足場に登る。ここで屋根修理の様子を真近に見ながら、建物の構造や檜皮葺き技法などの説明を受けていた。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会