FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*正倉院平成の大改修 最後の現場公開
3万4600枚の瓦が戻った正倉院正倉の屋根

瓦がすべて元通りに葺き直されたP2070276
 大正2年以来、約100年ぶりの大修理が進む国宝・正倉院正倉で建物本体の工事が完了し、7日から現場公開が始まった。5回目となる今回が最後となり11日まで。今後は建物を覆う素屋根の解体などを進め、10月に全工程を終える。11月から外観の一般公開を再開する予定。

 約3万4600枚の屋根瓦をふき替え、一部は創建当時の天平時代の瓦を再利用した。内部構造を補強した結果、屋根は約3トン軽くなり、軒先は平均約2センチ上がった。

間もなく解体の始まる素屋根P2070245
正倉院正倉は,奈良時代の八世紀中頃に創建され,1,200年以上の歴史を有する国宝指定の建造物だが,大正2年に実施された解体修理から約100年を経過し,傷みが徐々に進行して雨漏りが懸念される状態となったことから,平成23年度より屋根の葺き替えを主とする整備工事を行っていた。

会場に向かう取材陣P2070246
初日公開の直前現場に向かう報道陣

上段には伊東博文の棚がアミエル
上段には伊藤博文が設置した棚が戻された。

azegi 野内側が見える1階部bンP2070257
下段内部には校木の内面が見える。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会