FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2014年(平成26年)ルーフネットの「能舞台と翁神事情報」6
金剛能舞台
唯一関西に本拠を置く流儀、華麗・優美な「舞金剛」の本拠地の舞台の屋根は 檜皮葺きの屋根に瓦の棟

金剛舞台 檜皮葺に瓦の棟 P1030714
かつての室町幕府の「花の御所」の近く(現在の京都御所の西向かい)に平成15年に開館した金剛能楽堂。築百三十余年の室町の旧金剛能楽堂より、能舞台をそのまま移築。

■平成26年1月3日(金)
午前11時30分開場
正午開演 午後1時頃終演予定
■入場料 無料 TEL:075-441-7222

番組
神 歌   金剛永謹  金剛龍謹

仕舞    八 島 、東 北、葛 城、芦 刈、西王母 、羽 衣、内外詣 、猩 々

舞囃子   高 砂    金剛龍謹



シンプルな鬼瓦から鳥衾が飛び出すP1030716
シンプルな鬼瓦から鳥衾が飛び出す

金剛流は能楽シテ方五流派(観世,宝生、金剛、金春、喜多)のひとつで、古くは奈良の法隆寺に奉仕した猿楽座の坂戸座を源流とする。室町初期には春日興福寺に勤仕する大和猿楽四座のひとつとなり、のちに金剛座、そして現在の金剛流へと至る。
金剛流の芸風は、豪快な動きの中に、華麗・優美さがあり、「舞金剛(まいこんごう)」といわれる。また、豊臣秀吉拝領の「雪の小面」や艶麗な「孫次郎」など、所蔵する能面・能装束に名品が多いことでも知られ「面金剛(おもてこんごう)」ともいわれるそうだ。五流のうち四流の宗家が東京を本拠地にしている中で、唯一京都拠点にこだわり、その気概は金剛詠謹の芸に滲み出ている。
毎年1月3日、八坂神社で翁の奉納を終えた後、宗家は本拠地の舞台に取って返し、一門とともに神歌(翁の謡)で新年の舞台を開く。これは無料で一般公開されており、気迫に満ちた格調高い謡と舞を堪能した後、お神酒の接待まである有難さ。
8月16日の大文字の日に行なわれる「蝋燭(ろうそく)能」とともに京都に欠かせないものの一つだ。
八坂神社の翁を見た後は、冷え切った身体を、境内の会館で、ぜんざいを頂きながら暖めて、金剛能楽堂に向かうのがルーフネットのお薦め。
虎屋中庭の倉P1030720

この時正午。道は2つに分かれます。
其の1.お神酒をグイと頂いた後、能楽堂を飛び出してタクシーを捕まえ、京阪出町柳までワンメーター。特急に飛び乗り大阪淀屋橋へ。最短距離でタクシー乗り場に走り、大槻能楽堂に急ぐ。運が良ければここで、午後2時開演:観世銕之丞の翁に滑り込み、堪能できます。
其の2.其の1は誰にでも進められるものではありません。通常はこちら。金剛能楽堂から100メートル程下がった(南へ行くこと)ところに虎屋の店舗とカフェがあります。中庭の蔵(写真上)の屋根を見ながら、正月限定のお雑煮をいただく。

ここでやっと大晦日から始まった翁巡りが、一段落します。お疲れ様でした。(*翁めぐりに関する情報は檜原響一郎氏から提供いただきました))

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会