FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
災害復興実践学シンポ 激甚災害からの住宅復興 -コアハウスの可能性-
地域の文化を継承し、地域生産力も活用した復興住宅は可能か

日時|2014年1月13日(月・祝) 13:00-17:00
会場|建築会館ホール(〒108-8414 東京都港区芝5丁目26番20号)MAP
定員|180名(先着順、予約不要) ※参加費無料
主催|東北大学災害科学国際研究所、一般社団法人アーキエイドhttp://archiaid.org/news/6767
共催|日本建築学会



コアハウス

主催者はその趣旨をこう語る:東日本大震災から3年近くが経過し、手ひどい被害を受けた沿岸地域では、自力再建住宅の動きが活発に見られるようになっています。しかし残念なことに、それらの多くは地域固有の文化を継承するものではなく、地域生産力とも切り離されたものが多いように思われます。
一方、インドネシアなどでは、復興の初動期に小さく作って、地域の生産力を使いながら徐々に大きくする住宅の考え方、「コアハウス」というコンセプトが共有され、効果を上げています。この違いはどこからくるものなのでしょうか。
実は、今回の復興においても、このコアハウスの考え方を導入した実験住宅が建てられており、2013年度グッドデザイン賞において金賞(経済産業大 臣賞)を受賞しています。本シンポジウムでは、それを取りかかりに、大災害からの住宅復興における課題を、デザイン、文化、生産の各レイヤーから明らかに しようと考えています。



[プログラム]
13:00-13:05 開会の辞
本江正茂|東北大災害科学国際研究所
13:05-13:10 あいさつ
吉野 博|日本建築学会会長
13:10-13:20 趣旨説明
小嶋一浩|建築家、横浜国立大学大学院建築都市スクールY-GSA教授、アーキエイド実行委員
13:20-14:20 基調講演 コアハウスという考え方
イカプトラ|建築家、インドネシアガジャマダ大学准教授、コアハウス提唱者
14:20-15:00 自立再建住宅のデザイン
塚本由晴|建築家、東京工業大学准教授、アーキエイド実行委員
× 三井所清典|建築家、公益社団法人日本建築士会連合会会長
[コーディネーター]千葉学|建築家、東京大学教授、アーキエイド実行委員
15:00-15:10 休憩
15:10-15:50 浜のなりわいの復興
貝島桃代|建築家、筑波大学准教授、アーキエイド実行委員
× 岡本哲志|建築家、法政大学教授
[コーディネーター]前田茂樹|建築家、大阪工業大学専任教員
15:50-16:30 木造技術と地域の生産力
安藤邦廣|建築家、里山建築研究所主宰
× 権藤智之|首都大学東京准教授
[コーディネーター]下吹越武人|建築家、法政大学教授
16:30-16:50 会場からの質疑
16:50-17:00 総括
伊藤明子|国土交通省住宅局住宅生産課長