FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
イケイケマテリアル熱血部長の活動日記 第3部作目が完成
いけいけマテリアル㈱ MSS推進 部長 公平 進の奮闘記

進め!MSS推進部

防水材を中心とする建築資材卸商社の最大手・化研マテリアル㈱のMS営業推進部 (坂本尚也部長)は2013年1月より、ニュースレター「銀の汗」を発刊している。1周年直前のとなる今月、「進め!物流部」「進め物流部!パート2」に続く小冊子第3作「進め!物流部 - 公平部長の奮闘記」(A5 11ページ)を発刊した。

即日納品を標榜する建材卸商社にとって、物流は事業の要。その中で誤出荷をいかに減らすかは最大のテーマである。
前作の[進め!物流部」は物流の最先端で汗を流す運転手たちの汗と涙の物語。「誤出荷はコスト3倍 手間10倍 信用損失無限大」の標語を掲げ、イケイケマテリアルは全国の配送センターで誤出荷防止に取り組んだ。その結果、驚異的な成果を出した。「進め!物流部」はイケイケマテリアル物流部 部長・公平 進の奮闘記であった。

今回はMSS推進部に異動した公平が、産廃回収に車に同乗して廃油まみれのゴミを集めたり、「ヤラセーヌ」という塗膜防水材を圧送システムNMマシンのオペレーターたちと汗を流す。公平は、大阪単身赴任のおり、ニュースレター「風は西から」を、物流部時代には「走れ明日へ」を発刊した。今回のニュースレターが「銀の汗」だ。
いずれも日常の現場と客先とのやり取りを伝えるものだ。そしてニュースレター発行の節目に、公平自身の日記をまとめて小冊子にしてきた。汗臭いニュースレターのエッセンスが小冊子なので、汗はさらに濃縮されているのはいつもと同じだ。

公平の汗とパッションに触れたい人は、こちらへどうぞ。「ほしい」と言えば、多分もらえます。
sakamoto@kaken-material.co.jp
公平部長は小冊子の最後にこう書いています。

会社の利益はどこから生まれるか それは 絶対に現場です。
そう 現場を大事にしたい。現場の人達を大切にしたい。 そして 現場の人達が「今この仕事をしているのが一番楽しいです」という言葉を多く聞きたい。
この想いは 物流部からMS営業推進部に異動になっても変わりません、そして今、MS営業推進部の皆が楽しそうに仕事を始めました。

物語にすることによって、問題の中に自分を入れない、引いて考える、時間軸を長くするなど、客観的視点に立った多人称視点の自分を見つめることができます(公平が勝手にやっていることです)。心理学でいうところのメタ認知です。

皆が楽しそうに仕事を始めました。でも一番楽しんでいるのは 実は私なのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会