FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
高温・豪雨で記録更新  気象庁が2013年夏の天候を総括
平成25年(2013年)夏の日本の極端な天候について  気象庁が9月4日発表

興福寺五重の塔ライトアップ  P8300011
奈良・興福寺五重塔(国宝) 天平2年(730)興福寺の創建者藤原不比等の娘の光明皇后が建てた仏舎利塔。5回の被災と再建を経て、応永33年(1426)再建。高さ50.1メートル本瓦葺。2013.8.29 21:50撮影。


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
平成25年(2013年)夏の日本の極端な天候について(気象庁)

 

2013年の夏は、全国で暑夏となりました。特に、西日本の夏平均気温平年差
は+1.2度となり、統計を開始した1946年以降で最も高くなりました。8月上旬
から中旬の高温ピーク時には、東・西日本太平洋側を中心に気温が著しく高く
なり、高知県四万十市江川崎では8月12日の最高気温が41.0度と、日本の最高
気温の高い記録を更新しました。また、今夏に日最高気温の高い記録を更新し
た地点は143地点、日最低気温の高い記録を更新した地点は93地点に上りました。

 夏の降水量は、東・西日本太平洋側と沖縄・奄美の一部で少ない一方、東北
地方と本州の日本海側で多く、特に、東北地方では7月の降水量が統計を開始
した1946年以降で最も多くなりました。また、山口県、島根県、秋田県、岩手
県の一部地域では、過去に経験したことのない豪雨に見舞われました。

 夏の日本の天候を支配する太平洋高気圧とチベット高気圧は、今年の7月か
ら8月はともに平年より強くなりました。ともに優勢となった要因は、海面水
温がインドネシア・フィリピン周辺で高く、中・東部太平洋赤道域で低く
なったことにより、アジアモンスーンの活動が広い範囲で非常に活発となった
こととみられます。

 ■異常気象分析検討会分析結果概要
  http://www.jma.go.jp/jma/press/1309/02d/extreme20130902.pdf。

 ■異常気象分析検討会分析結果概要
  http://www.jma.go.jp/jma/press/1309/02d/extreme20130902.pdf



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」第161号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会