FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
正倉院(奈良)4回目の修復現場公開
一部からぶき採用で、屋根は8トン軽量化

第4回正倉院工事現場一般公開


約100年ぶりの大修理が行われている奈良市の国宝・正倉院で8月30日から9月1日までの3日間、事前に申し込んだ約5000人が見学した。今回の一般公開は4回目で、見学者が約1万8000枚の瓦を葺いた屋根に見入った。宮内庁は年末までに約3万3000枚の瓦を葺き終え、大修理は来年10月に完了する。

正倉院正倉は,奈良時代の八世紀中頃に創建され,1,200年以上の歴史を有する国宝指定の建造物で,大正2年に実施された解体修理から約100年を経過し,傷みが徐々に進行して雨漏りが懸念される状態となったことから,平成23年度から屋根の葺き替えを主とする整備工事が行われてきた。

 これまでに約3万5400枚の屋根瓦を降ろし、天平時代の瓦約300枚を含む約8500枚を残して約2万4800枚を新調した。古い瓦は水がしみ込みやすいため、主に日当たりの良い南側と東側(正面)の一部に置き、残りの東側と北、西側の屋根は新しい瓦を使って修復する。
 宮内庁によると、約3万5400枚の瓦を取り外し、約2万4800枚を新調した。北側と西側は瓦の下に土を置く従来の「土ぶき」ではなく、土を使わない空葺き工法を採用。平瓦の配列も一部替えたため、瓦の枚数が以前より減り、屋根の重さは約8トン軽くなったという。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」第161号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会