FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
プロジェクトアシアス セミナー
「 大規模修繕工事のアフターサビスの勘どころ 」

大根の種
大根の種(2013.6.20撮影)。写真は記事とは関係がありません。


研修テーマ::「 大規模修繕工事のアフターサビスの勘どころ 」
日 時:平成 25年6月27日( 木)午後6時15分から午後 8時15 分
会 場: 中野サンプラザ8階(研修室1 )
所在地:東京都 中野 区中野4-1-1) (アクセス等案内図は別紙参照)
TEL :03- : 3388 -1174
参加費 :5000円/人 (首都圏マンショ管理士会所属者は、 3000円/人)
定 員: 50 名(
主 催:プロジェクトアシス
後 援:東京建物診断協同組合
講 師: 隈元 康郎 +鈴木哲夫


マンショの大規模修繕工事を完了した後は、一定期間無償補修の範囲や期間を定めて性能保証することが一般的だが、請負契約に定めた条項や完了引渡しの仕方よっては 誤解を招き、トラブ ルになることがある。今回のセミナーでは、改修工事のアフターサビスについての盲点や問題を取り上げ、契約の仕方と、完了引き渡し手続きなどのポイントをわかり易く解説する。現場に常駐する技術者や技術営業担当者及び、大規模修繕工事に関わるコンサルタントを対象にした研修。


申し込みは、
TEL : 03-3204-1530 又は 03-3203-2505
FAX : 03-3203-1503
メールアドレス: s-arc@tsaa.jp


プロジェクトアシアス代表・鈴木哲夫氏:1980年代後半からマンション改修に関わって、現在に至っています。マンション改修に関わる設計者の役目は,より成熟したマンションの将来像に対してどのようなお手伝いができるかということになります。ただ単に維持保全が計画的に推進されれば良いということではなく、誤解の多いマンション管理に対して、健全な進め方や合理性を最大限に期待されていると考えています。これまで培ったマンションノウハウを新規生活者に還元するとともに、公明性を持った業務構築と独自の業務スタンスで蓄積した実務ノウハウを展開し、住宅社会資本の優良ストック創出に一助となればと考えています。



ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会