FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
絵日記:東京国立博物館・表慶館
どう見ても銅屋根が主役。

表慶館都スカイツリーP5050131
小ドームの右下にはスカイツリーの先端。ドームの銅板が夕陽に映える。

表慶館P5052532

表慶館:嘉仁親王(大正天皇)の成婚記念に、国民から奉献された美術館。 宮内省・片山東熊が設計。明治34年8月着工、明治41年10月竣工。石張り煉瓦造2階建て。両翼に小ドームを従えた大ドームが中央にそびえる左右対象の配置。同じ片山が設計した迎賓館ネオバロック様式の迎賓館と類似点が多い。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の、世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。