FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
3月17日 水曜2010 (弥生) 旧暦:2/2 先負 月齢:1.3 H22 S85 T99 M143
日本初の鉄筋コンクリート橋 ~明治36年(1903年)7月試造~(1)


RC1号はし全景

 明治維新で東京に都が移り、活気を失っていた京都の復興を目指して、明治18年(1885年)琵琶湖疏水の建設が始まり、明治23年(1890年)第一疏水が完成しました。
 奥に見える第3トンネル入り口約50メートル手前に、「日本初の鉄筋コンクリート橋」と言われている幅1メートル強の小さな橋がかかっています。これが第11号橋。明治36年(1903)年のことです。

RCはしアップ
 現在は転落防止のため、柵が設けられ、橋自体が見にくくなっています。 また水路も舗装されてしまいました。
 かつて橋の東側には日ノ岡船溜(ひのおかふなだまり)が広がり、疏水を行き交う船が泊っていました。現在は埋め立てられて、新山科浄水場取水池として利用されています。(つづく)