FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
ニコライ堂
ニコライ堂 (日本ハリストス正教会教団復活大聖堂)


絵日記ニコライ堂
東京都 千代田区神田駿河台
明治24年(1891) 煉瓦及び石造、建築面積813.4㎡、一階建、銅板葺
昭和37年6月21日 国重要文化財指定

絵日記ニコライ
「ニコライ堂」は通称で、正式名称は「東京復活大聖堂」。日本に正教会の教えをもたらしたロシア人修道司祭聖ニコライにちなむ。イエス・キリストの復活を記憶する大聖堂である。

高さ35メートルの緑青に覆われた銅板ドーム屋根が特徴で、日本で初めてにして最大級の本格的なビザンティン様式の教会建築といわれる。1891年に竣工し、関東大震災で大きな被害を受けた後、一部構成の変更と修復を経て現在に至る。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の、世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。