FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2013年初詣 大宮八幡宮
2012年1月1日
大宮八幡大絵ま


大宮八幡初詣開門を待つPC310083
大晦日の晩から多数の参拝者が新春の開門を待つ。「4列に並んで、詰めてください」と叫ぶ婦警さんの声が響く中、元旦の午前零時、宮司の打ち鳴らす初太鼓が鎮座九五〇年式年の新年を知らせる。同時に本殿正面の神門が開く。

初詣八幡さまの独翁

初太鼓が鳴り終わると、観世流能楽師の野村四郎氏が「翁」を神前で奉奏する。引き続いて、新春「厄除開運大祈祷」が斎行される。この祭典は、一年の一番最初のご祈祷であり、初詣の期間中執り行われる新春初祈祷の一番初めの祈祷祭で、宮司が奉仕する。従って目の前で「翁」 を見たければ、昇殿してこの第一グループの祈祷を受けねばならない。(撮影:桧原響一郎)
大宮八幡


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。