FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
屋根に穴をあけない太陽光発電設置架台
太陽光発電システム設置架台市場 2011年度は452億円
京都府庁屋上太陽光発電システム稼働中
京都府庁屋上の太陽光発電システム。後方は比叡山。(2012.4.1佐藤孝一撮影)

再生可能エネルギーの全量買取制度の開始により,既築住宅や公共建築物の屋根上に設置される太陽光発電システム設置架台市場が成長している。
このほど矢野経済研究所が国内太陽光発電システム設置架台市場の調査を実施した。これによると2011年度の太陽光発電システム設置架台の市場規模は、前年比ほぼ横ばいの452億円(前年度比102.0%)。今後も住宅用太陽光発電システム設置架台は、ゆるやかに成長を遂げる、と予想している。
調査期間は2012年4月~8月。調査対象は太陽光発電システムインテグレーター、太陽光発電システム設置架台メーカーなど。

余剰電力買取制度の開始により住宅用を中心に太陽光発電システムの導入が急増した2009年度、2010年度と大幅な拡大を続けた。しかし2011年度は、公共・産業用システム向けの需要が若干減少、一方住宅用システム向けの需要は堅調に拡大したことから、ほぼ横這いとなったもよう。


●~性能・施工性向上、屋根に穴をあけない~がキーワード

太陽光発電システム設置架台市場の拡大に伴い、住宅用システム向け、公共・産業用システム向けともに、新規参入メーカーが増加している。これらのメーカーの多くは、部品点数と施工工数の削減によるコスト低減を狙った製品や、特殊な基礎金具や磁石、接着剤等を用いることにより屋根に穴をあけることなく設置することが可能な製品など、特色ある設置架台を市場に投入している、と分析している。

同調査における太陽光発電システム設置架台とは、太陽電池パネルを住宅や学校・役所などの公共建築物、工場・倉庫の屋根上や敷地内に設置・固定するために必要な施工部材をさす。パネルを地上や建物に設置するための基礎となる「設置基礎、基礎金具」、パネルを支える「ラック、レール」、パネルをラック等に固定する「取付金具」により構成される。



この報告書は「2012 太陽光発電システム施工部材市場の徹底研究」 A4 126ページ 126,000円で販売されている。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。