FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*正倉院の屋根補修でも用られた銅板その2。
棟カバー、銅板
昨年2012年9月21日、 宮内庁正倉院事務所(奈良市)は約100年ぶりの修理で約3万6千枚の屋根瓦すべてが下ろされた国宝・正倉院正倉を初めて公開、9月23日までの3日間で希望者の中から抽選で選ばれた約4200人が見学しました。 現場の公開は、修理作業が本格化する直前の2012年3月に実施して以来2回目。工事が完了する 2014年までの間に合計5回の公開を予定しています。
下がり棟を覆う銅板

ブロンズマルカン
棟を覆う銅版は大正の大改修の際施工されたようだ。

marukann アップ
瓦が葺かれた時点で支柱は隠れ,丸い環だけが残るので目立たない。

2010年8月31日に正倉院を管理する宮内庁は、1世紀ぶりに正倉院の施設整備工事を行うことを目指し、平成23年度予算の概算要求で工事費として3億6,000万円を盛り込みました。施設整備工事は平成23年~平成26年の予定で進んでおり、実際の改修工事は2011年9月1日より始まり、現在拝観停止となっています。また公表されていませんが、工事を請け負ったのはS建設のようです。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。