FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
正倉院正倉大改修 第3回現場公開 見学申込は12月28日まで
100年ぶりの大改修を宮内庁が公開

border="
正倉院正倉へのアプローチ。正面右が素屋根にすっぽり覆われた正倉院正倉。この中で工事が行われている。。
厳しいチェックのあと正倉院現場入口へ。
厳しいチェックのあと正倉院現場入口へ

宮内庁が整備工事現場を公開するのは今回3回目。屋根瓦をおろした工事途中の正倉の様子を間近で見ることができる。正倉院正倉は寄棟本瓦葺きの屋根を持ち、檜を用いた高床式校倉造りの建物である。奈良時代の八世紀中頃に創建され,1,200年以上の歴史を有する国宝指定の建造物だが,大正2年に実施された解体修理から約100年を経過し,傷みが徐々に進行して雨漏りが懸念される状態となったことから,平成23年度より屋根の葺き替えを主とする整備工事を行っている。
正倉院ヴィデオ
中で詳細な工事のビデオが上映されている。

見学時間と内容。
平成25年3月15日(金),16日(土),17日(日)の計3日。
9時 ・ 10時 ・ 11時 ・ 12時 ・ 13時 ・ 14時 ・15時の7回。 
素屋根の内側から,屋根瓦をおろした正倉を見ることができる。
素屋根内1階:正倉床下の様子、素屋根内2階:正倉東面の様子 、素屋根内3階:正倉屋根(東西南北)の様子
を間近で見学する。募集人数は240人。

正倉院屋根、間近
第2回見学会での様子。(2012.9.23ルーフィングジャーナリスト・佐藤孝一撮影)
土居葺きによる下地作り。雨仕舞の様子が間近で、呆れるほどわかりやすく観察できる。

申込書の受付期間及び郵送先
平成24年11月29日(木)から12月28日(金)までの消印有効。〒602-8799 日本郵便西陣支店留め 正倉現場公開係
http://www.kunaicho.go.jp/event/shososeibi/shintyoku.html#TOP

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。