FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
リフォーム&インテリアショー
第1回 リフォーム&インテリア2012 
9月21日(金曜)から23日(日曜)まで ビッグサイトで

健康・安全・エコは資産価値向上につながるか?

リフォームインテリアショー

そんなテーマの講演会が失敗のないリフォーム方法、資産価値向上といった幾つもの定番講演とならんで行われた。インテリアと並んで防水関係では渡辺物産、南海工業、等がソーラーシステムと組み合わせた防水改修の提案などを行っていた。

震災をふまえた安全・エコ面で、ルーフネットが注目したのはこれ。
 
ソーラー
旭化成ホームズが提案したソーラーカーポート。980×1440のパネル5列で構成され、電気システム別で販売予定金額は130万円。

雨水利用システムスーパーソル
これはテクノエコの土木用防水シートと廃ガラスを再利用した雨水利用システム。ポンプや施工費込みで、1立米あたり30~40万円。これまで全国で40件の実績があるという。

ブースを訪れたある設計者は、「あるマンションから、災害時を想定した対策を相談されている。ソーラーカーポートを非常時の電源と中庭の東屋として、さらに
この雨水利用システムを非常時の中水として活用する。ソーラート雨水利用の両方を組み合わせて災害対策とし、これに遊びの要素を加えて提案してみたい」
と話していた。

空家数は大幅に増加
平成20年の段階で全国の空き家率は13.1%、3大都市圏でも12.1%に達する。5年ごとに総務省が行なっている「住宅・土地統計調査」によると、空き家数と空き家率は、戦後一貫して右肩上がりの状況。今後この状態に更に拍車がかかることが懸念される。国の対策として「新築からストック重視へ」という住宅政策の転換が加速し、策定された「成長戦略」の中で、2020年までの中古住宅・リフォーム市場の目標を20兆円と設定している。



ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。