FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
全アロン防水組合総会
新理事長に小川隆幸氏
記念講演は日大・湯浅 昇教授   

全アロン総会小川理事長
第31期総会で。左から小川新理事長、橋本社長、杉本最高顧問


アクリルゴム系外壁塗膜防水材「アロンコート・アロンウオール」の責任施工団体である、全アロン防水組合は8月31日、東京都港区元赤坂の明治記念館で、第31期通常総会と特別講演会を開催した。
同組合の昨年度の販売実績は対前年比95%の微減。
任期満了に伴う役員改選では、杉本憲央理事長が最高顧問に、小川隆幸専務理事が理事長に、川上一三理事が専務理事に専任された。また横井・内藤・立川3副理事長のうち、横井氏の退任に伴い、阿部勝義氏が新たに就任した。

議案審議終了後は、叙勲・褒章受賞者に対して表彰状が、組合功労者へは感謝状が贈呈された。次いで来賓の、全国中小企業団体中央会研修部佐々木愛子氏、メーカーである東亜合成㈱橋本 太社長が挨拶した。

当日の特別講演として、日本大学 湯浅 昇教授が「塗材からみたコンクリート」のテーマで、「コンクリートの側から防水を見てきた研究者」の立場から、ふくれやコンクリートの不具合に関する最新情報を解説した。(詳細はRN新月号で)。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会