FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*平成24年度 建築改修投資見通しは8兆7千億円。
国土交通省 平成24年度建設投資見通し
リフォーム・リニューアルは8兆6,800億円
<br />近江神宮で斎行された防水と石油の祭り「燃水祭」で奉納された舞楽「登天楽」
近江神宮で斎行された石油と防水の祭り「燃水祭」で奉納された舞楽「登天楽」(写真は記事とは関係ありません。撮影:日本 防水の歴史研究会)


同見通しによると、建設投資は45兆3,100億円(前年度比7.9%増)。内訳は政府投資が19兆600億円(前年度比12.5%増)、民間投資が26兆2,500億円(前年度比4.8%増)。民間投資は、住宅投資が13兆9,000億円(前年度比5.8%増)、非住居投資建設投資が12兆3,500億円(前年度比3.7%増)と見込まれている。

平成21年度から24年度における建築物リフォーム・リニューアルの投資額及びその見通しの推計結果は近年増加傾向にあり、平成23年度は8兆4,600億円程度、平成24年度には8兆6,800億円程度(対前年度比2.6%増)と推計されている。内訳は、平成24年度は住宅37.4%、非住宅62.6%。

建築投資の3割が改修 
建築物投資額は全体で30兆500億円となる見込。うち、建築物リフォーム・リニューアル投資額の占める割合は、24年度には、住宅で19.0%、非住宅で42.1%、総計で28.9%とみている。

詳細は「ルーフネット111号」を。




ホムペはこちら