FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
* 住宅紛争処理支援センターがコードレポート2012を公表
住宅の不具合 第一位は雨漏り

定点ザクロ逆光
本日の定点ザクロ (OMD-沈胴ermar 90/F4)


「住宅リフォーム・紛争処理支援センター」が住宅の不具合と紛争処理の状況をまとめ、CHORD 
REPORT 2012 として公表した。

これによると、戸建住宅の不具合の第1位は外壁の雨漏りとひびわれ、2位が床の傾斜、3位に屋根の雨漏り・剥がれ、となっている。
一方、共同住宅では不具合の上位は床・内壁などで、外壁のひび割れは第3位。
http://www.chord.or.jp/tokei/pdf/chord_report2012.pdf

「住宅リフォーム・紛争処理支援センター」住宅品質確保法に基づき2000年度に国土交通大臣より指定を受け、指定住宅紛争処理機関(全国52弁護士会)による評価住宅の買主・発注者と売主・請負人との紛争処理を支援する業務を行っている。また、住宅瑕疵担保履行法の施行に伴い、2008年度より保険付き住宅の紛争処理支援業務を行っている。

共同住宅で相談件数の多い不具合部位と事象



戸建住宅で相談件数の多い不具合部位と事象

同センターが 2011年3月31日までに終結した220件の主な争点のうち戸建住宅では、「仕上げ不良」、「亀裂・ひび割れ」、「沈下・傾斜」が多い。共同住宅では、「騒音」が争点となっているものが最も多く、他の項目を引き離している。




ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会



詳細は上記センターホームページで見ることができる、

(1) 申請受付件数の推移
 2011年度において、受け付けられた評価住宅及び保険付き住宅の紛争処理の件数は105件となり、
制度開始後の申請受付の合計件数は368件となった。

(2) 終結状況
 2012年3月31日までの終結事件件数は298件となり、うち半数以上が調停等の成立により解決して
いる。



(3) 紛争処理の内容
 ①~④の項目について、2012年3月31日までの終結事件298件の分析を行った。
① 住宅種別
 住宅種別は、「戸建注文」が最も多く、次いで
「共同分譲」、「戸建分譲」となっている)。


② 住宅の引渡しから紛争処理申請まで
 の期間
 住宅の引渡しから紛争処理の申請までの期間は、
全体の85%が、3年未満となっている

③ 紛争処理に要した期間・審理回数
 紛争処理に要した期間を見ると、最も割合が多いのは「3 ヶ月以上6 ヶ月未満」、次いで「6 ヶ月以上
9 ヶ月未満」であり、平均処理期間は7 ヶ月となっている。審理回数は5回までが約6割を占めて
おり、平均審理回数は4.8回となっている。

④ 解決希望内容と終結事件の解決内容
 申請時の解決希望内容は、「修補」が約4割、「修補と損害賠償」と「損害賠償」がそれぞれ約2割を占め
ている。
 終結事件のうち調停等により成立した事件(161件)の解決内容は、「修補」、「損害賠償」の順となって
おり、上記の解決希望におおむね沿った結果となってい