FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
鉄キチ 鶴田 裕の東京駅見学記 はこちら。
防水をライフワークとするテツキチが見た東京駅
「歴史的建物を守る」のコーナーに上の記事を追加しました。

「歴史的建物を守る」はルーフネットホームエージトップメニュー左側を下に下がると「ARCHIVE」の二つ下にあります。

みんなが知っているあの建物、かっこいいあの建物に、防水や仕上げ工事が、どう関わってきたのか。その建物が建てられた由来と合わせて紹介しています。


http://www.roof-net.jp/index.php?%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%9A%84%E5%BB%BA%E7%89%A9%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B

tsuruta wada

右はPSATA(建築技術支援協会サーツ)代表理事で建築学会会長の和田章さん。左は鶴田裕さん。ニコニコの和田さんと、見学に興奮(緊張)の鶴田さんの表情が対照的ですね。

「老鉄チャンの東京駅見学記」

サーツPSATA(建築技術支援協会)は、高度な技術や豊富な経験をもつベテラン建築技術者の集まりである。培ってきた技術に加え社会の変化に対応する新たな技術の習得・研究に努め、次世代への知識・技術の伝達、市民への建築・住宅に関する技術の情報発信活動などを通じて公正中立な立場から社会に貢献することをめざすNPOである。サーツは会報を年間に4回発行しており、最新号の53号が届いた。表紙を見ると、JRのヘルメットをかぶった2人の男が映っている。

~~~~~~~~~
5月に入ってからJRの駅構内に、東京駅がこの秋に竣工するという縦長の大きなポスターが掲出されている。それには東京中央郵便局の方向から撮影した昭和11年とこの4月頃、及び平成8年の旧国鉄本社ビル側からの3枚の写真が添えられている。筆者はサーツ会報41号にて報告したように、かつてサッポロビール園や旧司法省の改装、丸の内の三菱東9号館の解体時の調査に関わり、以来煉瓦造の建物に愛着を感じるようになり、昭和52年頃から始まった東京駅の煉瓦建築を残すか壊すかの論争は大変気がかりであった。当時の国鉄、国会、運輸省等多くの関係者の検討や調整を経て、平成14年2月の石原都知事とJR東日本大塚社長会談で、創建時の姿に復元すると決められたと思っている。

平成24年4月4日の午後に、外部足場の殆どが撤去された東京駅のサーツ見学会が行われた。わずか10人余りのきつい定員に加えて戴けたのは、どうやら私の根っからの鉄道マニアゆえのことだったらしい。ということで、見学会終了後に報告文作成の依頼が届き、鉄道ファンの目から見た感想文を書かせてもらうことにした。

このような現場見学会の多くはゼネコン側の案内が多いが、今回は施主であるJR東日本工事事務所の案内である。見学に先立つ説明会場に入り、チラッと見るとJR東の安全帽、安全帯などが目に入り、早やルンルン気分である。昭和29年、、房総東線(現外房線)で使用開始する新製気動車の試運転同乗時に、国鉄の制服着用以来のことだったからである
・・・・・続きは「歴史的建物を守る」のコーナー
http://www.roof-net.jp/index.php?%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%9A%84%E5%BB%BA%E7%89%A9%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B
でどうぞ

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会