FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
防水構法のシンクタンク目指し CWA 発足
CWA
6月11日、防水構法のシンクタンクを目指して設立された、一般社団法人 建築防水安全品質協議会(略称CWA)設立に関するリリースが、防水団体・報道宛送付された。(写真上は、ルーフネット編集部に届いたもの)

一般社団法人建築防水安全品質協議会(略称CWA)は「防水層の品質確保と向上、施工者の安全確保、周辺環境保全、施工効率向上に関する提言を行える防水構法のシンクタンク」を目指して設立された。三月に法人登記を終え、さる5月8日、東京・平河町のルポール麹町で設立パーティーを開催した。

CWAが予定している活動内容が、(社)全国防水工事業協会、(社)JWMA,また(社)日本建築学会の事業活動と重なることが考えられるため、ルーフネット編集部は「それぞれの役割分担や補完関係をどう位置付けるか」について、設立パーティーでの取材または記者会見での取材を求めていた。一方協議会内部でも、今後の活動を円滑に進めるためには、情報開示した方が良いという意見もあり、設立パーティーから約1月遅れたが、今回のリリース配布に至ったようだ。


リリースによると組織は次の通り(敬称略)
名誉会長:立石 真(前・一般社団法人日本建築センター理事長)
名誉顧問:上村克郎

同会は2つの委員会で構成され、それぞれ正副委員長には次の各氏が就任し、両委員長がコメントを掲載している。
建築防水品質委員会
委員長 :田中享ニ(東京工業大学名誉教授)
副委員長: 輿石直幸(早稲田大学教授)

建築防水環境安全委員会
委 員長 : 本橋健司(芝浦工菜大学教授)
副委員長: 近藤照夫(ものつくり大学孜授)

なお事務局はテツアドー㈱におかれる。 


建築防水品質委員会委員長 田中享二
時代は、これまでより高い水準の防水を求めています。まず漏水は完全にゼロにし、防水層 の長寿命化を目指していかなければなりません。本当の意味での防水層の性能と品質の向上が、 求められる時代になりました。それらをどのように高め、どのように担保するのか。建築防水品質委員会では、これら防水の将来像に正面から取り組みたいと考えています,

建築防水環境安全委員会委員長 本橋健司
環境と安全は、現代社会において最重要課題であり、少なくとも建築に鬨わるものとしては、材料、工法、最終製品に対して責任があります。当協議会では、建築築防水分野における環境と安全をより明礁にし、施工現場での安全性の確保、エンドユーザーに安全な製品を提供することを目的として、研究を進めて行きたいと考えています。



ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「防水の歴史研究会(略称・JWHA)


** 本日、防水の歴史研究会(JWHA)に新潟県胎内市黒川支所より「黒川燃水祭」、滋賀県近江神宮より「燃水祭」のご案内がとどきました。